ドルは基軸通貨であり、国際決済通貨としても、広く認知されているようです。

ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜

ドルが一番手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国際決済で使用される外国為替には、種々のものがありますが、中でも、ドルは、もっとも一番人気のある通貨と言えるでしょう。
現在の基軸通貨であり、世界中に広く流通している通貨でもあります。
アメリカの通貨であり、アメリカの経済力からすれば、基軸通貨としてふさわしいものと言えるでしょう。

そんなドルにも、外国為替相場においては、ドルらしい特徴があるようです。
それは、基軸通貨らしいとも言えるようです。
たとえば、国際政治において、大きな出来事があれば、ドル相場にも、影響するようです。
アメリカが関わっていようといまいと同様であり、特にインパクトのある政変があったり、あるいは、戦争などがあれば、ドル相場にも、大きく影響する傾向にあるようです。
また、アメリカの経済当局が経済指標を発表する時にも、ドル相場が大きく動くようです。
良く知られたところでは、経済指標が発表される時は、ドル買いが有利なようです。
しかし、これはあくまで一般論であり、必ず現実化するとは限りません。
市場は生き物に譬えられるように、常時変化をしています。
ドルを始めとする外国為替相場においては、時々刻々と変動しているため、なおさら、一般論が必ず該当するとは限らないとも言えるでしょう。

いずれにせよ、ドルは、現在の基軸通貨であり、国際通貨としても、広く認知されています。
仮に、海外へ赴き、その国の通貨がなくても、ドルであれば使える、というところもあるようです。
それだけ、基軸通貨であるという強みもあるようです。

Copyright (C)2018ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜.All rights reserved.