外国為替取引の代表的なものとしては、FX、外貨預金、外貨MMFになるでしょう。

ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜

外国為替取引も見てみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットが浸透したおかげで、海外の情報も入手しやすくなりました。
検索を瞬時に世界中の情報にアクセスすることができ、海外を身近に感じるツールの一つでもあるでしょう。

そのため、国際決済も外国為替取引という形で行っている人も数多いことかと思います。
投資の一種となりますが、一体、外国為替取引には、どのようなものがあるのでしょうか?
まず、現在の代表的なものでは、FXになるでしょう。
外国為替証拠金取引のことであり、種類によっては、インターネット取引しか行われていない場合もあります。
証拠金を積むことで取引が可能であり、なおかつ、てこの原理の援用とも言えるレバレッジを利用すれば、少ない証拠金で多額の取引が可能となります。
ハイリスク・ハイリターンの投資としても知られていますが、少額投資から可能であり、なおかつ、個人投資家も取引可能となっている外国為替取引の一つです。
また、外貨預金も、FXと同様、メジャーなものでしょう。
その名の通り、預金の一種であり、円建てでなく、外貨建てとなっています。
普通、定期、積立があり、自動積立方式が人気を呼んでいるようです。
主要通貨であれば、いずれの金融機関で口座開設が可能ですが、マイナー通貨であれば、銀行であっても取り扱っていない場合があります。
さらに、入出金に両替が必要になるため、入出金時に手数料が掛かるようになっています。

これらのほか、外貨MMFも代表的です。
これは外貨建ての投資信託であり、資金を提供することで、投資専門家に投資自体を任せられるようになっています。
円建てと異なり、短期的な分配方式であることが、特徴の一つのようです。

Copyright (C)2018ビジネスマンのための金融資料〜外国為替について〜.All rights reserved.